若ちゃん
2013/10/25(Fri)
若ちゃんです

若1

2009年5月10日母の日にわが家から巣立っていきました。

クリっとクリクリしたお目目が可愛くて、

優しい子で、頑張り屋のMダックスの男の子でした。

若2


おうちのみなさんに可愛がられて、大切にされて

「若はわが家の中心でした・・」とママはおっしゃいます。

若3


息子さんたちとも若ちゃんは、

男の子同士のわかり合える強い絆で結ばれていました。

若5





若6



若7




長く病気と闘ってきた若ちゃんと、

若の病気を諦めることなくずっと支え守ってきてくださったご家族の献身とは、

深い深い愛のスクラムを組んで硬く結ばれていました。


若と一日でも長く一緒にいたいと願うご家族と

小さな身体で頑張って、頑張って家族の中にいた、若ちゃん・・。



若8


最近では、新しい治療を試み

とっても元気になり走り回るほどになっていたそうです。


ところが、

その直後の10月4日肺炎のため急死。

若ちゃんは天使になってお空に羽ばたいて逝きました。


若9
〈羽毛のハネを頭に乗せてもらって、照れあくびの若ちゃん〉

若ちゃんの写真はすべてママさんが送ってくださいました。





若ちゃんが亡くなった直後にママが送ってくださった、若ちゃんのビデオ・・

それが私が若ちゃんを見た最後になりました。


ママが、

「わか~ わか~」と、若ちゃんの名前を呼び、

ママのお顔を見上げたり道の匂い取りをしながら穏やかな日和の

若ちゃんのお散歩の様子が、ほのぼのしていて落涙し

限界でがんばっていた若ちゃんにまた涙落ち・・



若ちゃんはステロイドの副作用で肝臓がパンパンに腫れ

大きなお腹をかかえながら優しいお顔で歩いていました。

いいいこです、ほんとーにいい子です。

がんばったね、若・・


若もまた家族が大好きで、一緒に、まだまた一緒にいたかったから

ここまで頑張れたのでしょう。


若10



さよなら 若ちゃん

本当に本当によくがんばりました。


センターでの若も、W家の若も、

私の中には永遠に刻まれています・・



若ちゃん、
今度産まれて来た時は、遠回りせずにまっすぐママとパパんとこへ行くんだよ!


さよなら若
〈桜の花びらを頭に乗せてもらった 今年の春〉


若ちゃん 楽になりましたか・・

あなたがいたこと、いつまでも忘れません

病も苦もない虹の橋で、思いっきり駆け回って遊んでください。

どうぞ やすらかに

fc2blog_20131025103701780.jpg




こんな子がいたこと、
ひたすらにがんばって生きた若のこと
忘れないでください。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
この記事のURL | 卒犬 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<あした駒沢で | メイン | 卒犬通信〈ミオ〉そしてほのかと昴>>
コメント
-  -
若ちゃん…
ボロボロだった若ちゃんが素敵な家族に巡り合いピカピカになってく姿を見れて嬉しかったよ
病気は辛かったね
家族が居たから頑張れたんだよね
ありがとうお疲れ様…
家族とはは~んを見守ってね
私も、はは~んを手伝い一緒に不幸なわんが居なくなる様に頑張るからね
若ちゃんの頑張りには及ばないかも知れないけど…
若ちゃんゆっくり休んでね
ありがとう…合掌
2013/10/25 12:58  | URL | sei #ft1yGyhg[ 編集]
-  -
若ちゃん、幸せそうな写真見て涙がこぼれました。もっと家族と居たかったね。虹の橋の向こうで思いっきり走ってください。ご冥福お祈りいたします
2013/10/26 04:47  | URL | あほひ #y9lgmRhA[ 編集]
-  -
え?若ちゃん・・・
・・・
そうだよ、今度は遠回りせんとこね

いまは、笑顔いっぱいで
お空を走ってますか?
2013/10/26 09:45  | URL | よしー #Qzw.c51w[ 編集]
- 若を愛するみなさまへ -
seiさん
あほひさん
よしーさん
そして、たっくさんの裏コメさんへ

がんばって、がんばって、がんばって闘病してきた若と
若を支え続けてきた若ファミリーにメッセージをいただき有難うございました。
きっと若は虹の橋で花や蝶に戯れたら、生れ変わってまたパパやママのところに戻ってくるのではと思います。
小さな瓶の中のほんの少しの若ちゃんの形見の毛を、
  「わか、わか・・」と触って若を偲んでいるご家族の元へ・・



2013/11/01 21:53  | URL | nanayamukabu #ZJc/.M/s[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://nanayamukabupepesina.blog.fc2.com/tb.php/589-7a4102f0

| メイン |