借り暮らし開始!新入り犬
2013/06/20(Thu)
18日。センターから引き出した子らのキャリーケース2つ,車に積む。

この子らの緊張いかばかりか。

ランランラン~♪と唄い緊張を和らげつつ高速を走る私の傍らで、

キャリーの窓から静かに見ていた。


帰宅後はお風呂場に直行しシャンプーとなるところ、

喉も渇いてるだろうし、その前に事前に用意しておいたミルクを飲ませて、まずは労をねぎらう。

seiさんが送ってくださっていたミルクです。

ふたりともゴクゴクと音を立ててたっくさん飲みました。




きみたちがホッとすると、私もホッとします。

センター28

このキャリーに入っていたのは、


この男の子。。

仮宿翌日男の子1


千葉県には定時定点収集というものがあってね、
その定点に、同じ飼い主が5頭出したそうな!

その中の1頭です。

仮宿翌日男の子2

飼い主が、センターへの提出書類の年齢の欄に「1、1,1,1,1、」と書いたそうで、
1歳の、男の子です。
(実際には10ヶ月相当というのが複数の獣医師の診立てだそうで、それが今から1か月前のことだそうですから、現在11ヶ月くらいとして、1歳未満ですが、子犬コーナーではなく成犬として募集する予定です)


仮宿翌日男の子3


きみたちはゴミだったんですか・・?

生き物を定時定点で収集するなんて、行政としてあってはならないよ!森田知事。






オイデ~と言うと、すぐ来て
指を出すとなめてくれます。

結構、付き合いのいい子です。笑

仮宿翌日男の子5



センターでは、周りには何もないので、ひたすら床にアゴ乗せ状態で腹這っていました。


↓ こんな感じで。ずっとおとなしくしていました。
センター17-2
横の白黒の子は、例の21頭の多頭で捨てられた子で、人間に懐かずに逃げ回っていましたが
人慣れも進んでいるとのこと。
どの子も人と接する機会とスキンシップで問題なく共生できるのですよね。







それから、
あまりにも痩せていてあばら骨がクッキリと浮いている子犬舎にいた子が
頭から離れず、急きょ預かりを申し出たのがこの子で↓

センター27
センターの帰り路、助手席のキャリ-の窓から静かにこちらを見る瞳が
うちのシナモンにそっくりでビックリしました。


その子がこの子です↓

センター2-2


そっちに逃げ、こっちに逃げしていて、
小さい身体で激ヤセぶりも目に着きました。


センター1-1

そっくりな2頭はきょうだいで、人に寄って来たりして元気いっぱいでしたが
茶黒白の子は、いつでもひっそりしていました。

支所で収容期限が切れたため本所に移送されて来たのだそうで、
本来なら即処分の対象かと思いますが、こうして置いてくださっていました。

初めは警戒して寄りつかなかったけど、
給餌のお姉さん(美人獣医さん)には抱っこされるようになったそうで
他の子たちが人に寄って来るのを見ていて″人間も悪くないんだな~″って思えるようになってきたのじゃないかなぁ・・とその方がおっしゃっていました。




センターから引き出して、翌日のきのうは、逃げてはいるものの確実に歩み寄って来てくれています。


ココのおかあちゃんが、手作りの敷物を送ってくれたので
サークルで隠れるようにしている女の子の手を引いて、静かにその上に乗せてみたところ・・
仮宿翌日女の子6


仮宿翌日女の子5


ココのおかあちゃんの敷物が、小さな心に温かかったらしく
居心地よさげにしばしホッと一息ついていました。

仮宿翌日女の子1


ガリガリです。

身体もちっちゃくて、、


こんな身体で放浪したのか、足の裏がザラザラです。



ミルクを手からあげると、夢中でなめました。

仮宿翌日女の子7

嗅ぎつけた男の子も、背後からやって来て、ふたりでなめました。

仮宿翌日女の子8



4-5ヶ月の女の子です。

足音さえ消すようにそっと静かに歩きます。

仮宿翌日女の子3


杏のママが送ってくださったオヤツも、喜んで夢中で頬張っています。
杏(蕗子)ママは、うちのナナの食べれるおやつや、
オモチャ好きなとっくんへ鳴るおもちゃなどなど、箱に詰めて送ってくださいまして、
早速戴いています。

(写真撮ってなくてごめんなさい)






ココのおかあちゃんより3

温かい敷物にホッとして見るあげる、盲目の記憶の中の明るい世界、、ナナお婆ちゃん。






ヤムもまた・・。

「「ココのおかあちゃん、あったか~~い♪」」

ココのおかあちゃんより2


ありがとう~♪

ココのおかあちゃんより1

温かいおキモチに支えられています!
本当にアリガトウ。


チュ!
仮宿翌日男の子7

譲渡対象として選定されている子たちは、
センターの獣医さんがワクチン接種+追加接種を行なってくださってますので、
引き出し後すぐこうしてうちの子との同室が可能になり、とても助かっています。

以前は、引き出し後すぐにワクチン接種をしたとしても、
感染症の発症を想定してワクチン接種後も長い期間隔離していましたから、
新しい子の受け入れ態勢はとても楽になりました。






しあわせになろう~のポチっと↓
1だけクリックよろしくおねがいします
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
ありがとうございます


この記事のURL | センターリポートの子たち | CM(5) | TB(0) | ▲ top
<<きみが笑ってくれるなら | メイン | 帰る家の無いものたち>>
コメント
-  -
各行政によってやり方や内容が違いますね。 
隔離する期間はとても気を使いますし すぐ一緒に生活できたらいいのにといつも思います。

ケージから除いた目・・・・一瞬ダックスかと思いました。
ダックスにはすぐ反応するワタシ・・・・笑
お宿にも新しい子が来ています   お互いに頑張ってしあわせ見つけてあげましょ♪
2013/06/20 11:37  | URL | mari #Y/yEf2LM[ 編集]
-  -
仮宿に来たらも安心♪
定点収集なんて廃止して欲しいですね
棄てる人の罰則わを重くして欲しいですよ~
いい加減な飼い方をした代償ですからね
市川市でダックスの口輪をしての放棄が…
飲まず食わずで口輪を取ったら皮膚まで剥がれ…
いい加減にしろです
他団体さんと獣医さんとで今、頑張ってくれてます
ママさんが、前に『これが人間のしたことだバカヤロー』と言ってやりたい(`_´メ)

ガリガリちゃんと梅ちゃん似の僕はいっぱい食べて体力付けて幸せになろうね~♪


2013/06/21 00:03  | URL | sei #ft1yGyhg[ 編集]
-  -
写真も文章も涙なしには進めない・・
素敵な手作りの清潔な敷物に座った事もなかったでしょうね。
手からミルクを貰った事もなかったでしょうね。

痩せた体で空腹と孤独と恐怖に耐えてきた分、一杯甘えちゃってね。
ここのお家はみ~んなを笑顔にしちゃう秘密基地だよ。

仮母さん、凌ぎにくいお天気が続きますが、お体大切にね。
2013/06/21 12:45  | URL | プー母 #Lp/0XF5s[ 編集]
-  -
私は、錦さんを おもいだしてましたT^T
2013/06/22 00:01  | URL | juju #-[ 編集]
-  -
mariさん
seiさん
プー母さん
jujuさん
いつも見守っていただきありがとうございます。
センターの子達の顔がひとりひとり忘れられません。
幸せに導いた子の幸せが大きければ大きいほど、残った子の淋しい瞳が何倍も大きく想い出されます。
でも、焦らず一段一段のぼってまいります。
夕焼け母
2013/06/24 13:25  | URL | nanayamukabu #ZJc/.M/s[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://nanayamukabupepesina.blog.fc2.com/tb.php/503-c3c52d6d

| メイン |