スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ありがとうサリー
2017/08/01(Tue)




 サリーが天に召されて1ヵ月半ほど過ぎました。

2011年4月仮宿を卒業し、温かな家庭へ巣立ったサリーは、
ワンコ中心のとっても優しいご夫妻の家族の一員に迎えてもらいました。

画に描いたような温かなご家庭で、先住犬のマロンちゃんと片寄せ合って
本当に本当に大切にしていただいていました。


20176月ひまわりの苗植える


サリーパパさんのブログは、
ご家族みなさんのお人柄がにじみ出るような優しいブログで、
みんなとっても幸せそうで、温かくて、
よくお邪魔してはブログの中のどんどん可愛くなるサリーを見て癒され、
また、丁寧でほんわかした生活そのものに癒されていました。



先々月、
いつものようにブログにお邪魔した時、
「サリー、ちょっと調子悪いのかな・・」
なんて思っていた程度の、その
直後の訃報でした。


突然の旅立ちに、
ご夫妻とマロンちゃんの悲しみは計り知れません。



2017.6月ひまわりすくすく





亡くなる何時間か前、
サリーはパパさんの膝にたくさん甘えたそうです。

甘えるサリーがあまりにも可愛いので写真を撮ったパパ、
6/18ブログの一番上に載っているサリーの
美し過ぎるほど美しい、あのお顔はたとえようがありません。

それが最期で、その数時間後にサリーは天の子になりました・・


サリーのパパブログ
2017年6月18日の記事 
  【 サリー 虹の橋へ 】




2017.7月夏の花たち9




はは~んもまたサリーが突然天に召されてからというもの、
哀しくて淋しくて胸がザワザワして泣いてばかりいました。

幸せに送った子の数ほど別れがあるのは、悲しすぎてもう嫌だ。
苦労してきた分もっともっと生きてほしかった。

忘れられないのは保護した日の顔。その顔を思っては泣き・・
この哀しみをどう整理したらいいのか分からないままいました。



2017.7月夏の花たち2




サリーが天に召され1カ月が経った過日、
 お手紙をいただきました。

その中には、何もしていない私へのお礼と、
とても不思議な出来事があったことを綴ってくださっていました。



その不思議なこと、とは・・


(サリーが、)残された家族が哀しみを乗り越えられるよう、
次の縁を結んでくれたのではと感じる出来事、・・があったというのです。

それは、

サリーの死亡届を提出した日に、Mダックスを保護したそうで!
(結果、その子、サリー家の子になりました。)




・・・という内容のそのお手紙を拝読しながら、

その保護された子、良かったな~!・・と思っていました。

パパ&ママさんがまた保護犬を迎えてくださった。それはとてもありがたいことだし、
サリーを失った悲しみを思い出にかえられたなら・・と、ご夫妻を想いながら考えていました。

そんな事をお返事方々メールさせていただこうと思いつつ、
筆不精の私は今日に至ってます。


たまたま本日、久しく開けていないPCを何となく開け、
悲しみは癒えつつあるのかしら・・、と思いながら、
お邪魔できないでいたサリーパパのブログを、
そっと訪ねてみました・・。



お気に入りの中のmanablog


ブログを開けた瞬間、、

な、な、な、な なん??Σ(・ω・ノ)ノ!

サリー生き返った??!!

 え ナニ ナニ??!!(*_*)

マロンちゃんと並んでお散歩してる、サリー!

 
サリーの想い出写真か?  でも ちょと、太め・・。







そっくり!
 サリーにそっくりです・・
>




あ~~パパがお手紙に書いてくださった子は、
 
キミだったのか・・、そっかそっかキミだったのね~ 

良かったね~~ 



ブログの中のサリーに見間違えた子が、
死亡届を提出に行った日に保護したMダックス君でした!

縁あって、サリー家の子になった・・

しかもサリーとはゲキ似で、 クローンサリー(笑)です。



 一瞬、サリーに会えたような錯覚に落ちました。

その喜びからでしょうか、
不思議なことに、
 私が抱えていた哀しみは、スーッと消えてなくなりました。



2017.7月夏の花たち5




これからも、
manablog

 にお邪魔したら、サリーが居るようで、悲しくないと思う。





ありがとう サリー!!

 亡くなってまでおとなしくて優しいサリー♡
  
  安らかに・・・



この記事のURL | 卒犬 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。