さよなら、ヒデ。
2017/08/01(Tue)


7月8日
 ヒデ(2010年の夏卒業)に会いに鎌倉山に行きました。

ここの処ずっと体調がすぐれず、ご家族からヒデに会ってほしいと
ご連絡をいただきながら、相変わらず忙しくしていた私は
日程を調整しては見送り、また調整して果たせずにいたところで
再びご連絡をいただいたのでした。

ヒデは保護当時推定9歳でしたから、
かなり高齢です。


丸いベッドの中に、ヒデはまるでカタツムリの殻を置いたように
静かに眠っていました。

食事を摂らない日が続いているとのことで、
 撫でる事もためらうほど弱弱しい感じですが、
毛艶が良くて、ふわふわで。
大切にしてもらっているのがわかります。

全部が久しぶりに見る優しいヒデです。


7月8日蛍 ヒデ体調悪し




でも「抱っこして・・」って言ってくださったので、
そーっと抱っこして。

顔が見たくて、
ヒデのお顔をそっとあげました。

ヒデ・・。



可愛いかったです、とても。


7月8日蛍 ヒデがんばってね

うちのとっくんに似てる~




我が家の預かり時代、
ヒデはボール投げが大好きで、投げては走って、
口にくわえて戻って来るのを何度も繰返して遊びました。
あの頃のヒデと
直近の湘南いぬ親会で会った日のヒデを
昨日のことのように想いました。

いま私の手に乗ったヒデ。
食欲もまた回復することを願って、
また近々会いに来ようなんて思っていました。







蛍(2007年卒業)も元気にしていました。
歳はとったけど、いつものように歯茎を出して
歓迎してくれました。
これは蛍のとびっきりの笑顔と歓待の表現なんですよ~

若いころはもっと歯茎全開で・・(笑)

7月8日蛍


ヒデより3年先にここのおうちの子に
してもらった蛍を、ヒデは姉さんのように慕って、
よくくっついて寝ていました。



ふたりを抱いて、
また来るからネ・・と帰って来ました。

それからヒデは暫らく頑張ってくれていたのですが、
7月20日夕刻 ご家族のあたたかな腕に包まれて静かに旅立ちました。


幸せに送りだした数だけ別れがやって来る。悲しすぎて、
この喪失感はどんな風にも整理できません。






ロメちゃんに会えたかな、ヒデ、、寂しくなっちゃったよ・・




Iさん、Kさん、ヒデを迎えてくださり、ありがとうございました。

健康を気遣って最高のお食事をありがとうございました。

体調悪くなってからの週二回もの通院、
   輸液・・ありがとうございました。



ヒデの最期を感じて
一目逢わせてくださろうとしたお気持ち
心から感謝いたします。




ヒデ、バイバイ
抱っこした時のヒデの温かさ、忘れないよ・・
この記事のURL | 卒犬 | ▲ top
| メイン |