だいじょうぶだよ~るるる
2015/11/07(Sat)
只今絶賛ロードショーの「いぬに名前をつける日」

この映画の中で、
センターの様子を紹介している場面があります。

ちばわん副代表が、
ケージの中の収容犬の首に、黄色いロープを優しくかけて、
そっと、引くか引かないかの呼吸で、その子はゆっくり前に進み、
ケージから出て来ます。

ケージから出て来た犬は、
人間たちを前にして、静かに腰をおろします。


そして、
小林聡美さんが「この子は~?」と聞くと
「たぶん野良ちゃんだと思います・・人をこわがるし・・」
ちばわん副代表が、
把握しているその犬の様子などを控えめに語ります。


その人間たちの前に、
いかにもおとなし気でそして静かに佇んでいる、その犬、、
映画の中のその子が、るるるでした。


嗚咽しそうになりました。


映画の中のるるる1
 ★引用元及び著作権はすべて「いぬに名前をつける日」にあります★
映画の中のるるる2


映画の中のるるる3


映画の中のるるる5


まだ子犬のような肢と風貌です。

子犬がこの部屋にいるということは、
  捕獲され収容された頃なのでしょう。


私が
るるるを見つけたのは、
このずっとずっと後の
今年8月初めのセンターレポートでした。


=子犬の頃にセンターレポに初登場して、
   センター暮らしも長くなりました。
          大きくなったね =


と、レポートの紹介文にあって、
「大きくなったね」が、なんだか泣けてくる・・
それと、その時の、るるるの顔がおとなしそうで優しいので
なんだか泣けてくる~ なんだか泣けてくる~のでした。



こうやって与えられた環境の中で静かに生きている、
イヤ生かされている 、 生かしてもらっている
そんな命の子を、
この手で抱きしめてやりたいと思いました。



るるる赤レンガ-2



赤レンガ11.1-8

るるる赤レンガ-3




希望叶って、るるるが私のそばにやって来た日から、
あと10日で3カ月になろうとしています。

人がコワくて、
センターの同じ部屋にいた子の後ろに隠れていたるるると、
満身創痍の身でありながらも
必死でるるるをかばってくれた子がいたと聞きました。
  その子にありがとう ・・心から・・









時々ジーッと見つめてきて、何か言いたげで、
 なぁに~??
って、るるるに聞くんですけど、
るるるは、な~んにも言わず、
ただ ただ静かに見つめるだけなんですよね~。
   
でもわかってる!
  
だいじょうぶだよ~ るるる!

るるる赤レンガ-10


hachiohji15_320x180.jpg






るるるが優しいママに見つけてもらえるよう
ポチッと↓1クリックおねがいします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村



この記事のURL | おさげとるるる | ▲ top
| メイン |