スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
きのうからきょうへ
2013/11/13(Wed)

犬親募集中 昴(ぼう)ちゃん ♂
‘ぼう’へのお問い合わせはこちらから⇒ http://www.chibawan.net/kibou_satooya.htm


ほのかと昴11.13-1


ぼうちゃんは、

かしこいんです・・


きっと、そんな犬種のDNAを持っているんだろうと思います。

ほのかと昴11.13-2


ダメ!が分かる、・・

その機微は、
言葉で表現してしまうと軽くなってしまい、
実際にぼうちゃんと共生してジワッと感じる事なのですが、
″この子はとても賢いのかも・・″、と思わせる瞬間があるのです。


ほのかと昴11.13-3


すごい潜在能力を持っているような気がしますので、
訓練次第では優秀な、家族にとって楽しいパートナーになるのではないかな。


ほのかと昴11.13-5







さて、ほのかの場合・・。


継続は力なり!

今朝も″出来るところまで″を課題とし、笑

抱いてお外に出てみました。

ほのかと昴11.13-6


歩くお散歩ではなく、玄関続きの車庫の前です。

‘ほのか’を抱いてしゃがんで
お外を見せています。

風を感じて、空を見て、
人間には聴こえない音まで拾うように、
ほのかは耳はアンテナのようにピンと立てて、
そしてグルリと辺りを見回しました。


ほのかと昴11.13-7



下のおうちのワンちゃんがおかあさんと庭に出ていて、
やたらカンカン吠え出して、
おかあさんが
「オウチ二 イレチャウョ!」なんて怒ってさ。


そんな騒音に
ほのかが、
もういいです~と言わんばかりでしたので
おうちに入りました。

ほのかと昴11.13-8

ほんのちょっとの間でしたけど、

写真を撮る余裕をいただけただけ、
ありがたいことでした。

二階に抱いてあがり胴輪やリードをはずすと、、
ホッとしたように
いつものケージにサッと入る‘ほのか’を見て、

この部屋(ケージ)に
‘安堵感’を持ち始めただろうことも
メリットだわ・・と感じました。



明日もまたガンバロウ~~~ほのか!継続は力なりと信じて!


‘ほのか’へのお問い合わせはこちらへ⇒http://www.chibawan.net/kibou_satooya.htm


保護犬から家庭犬へ
一歩づつがんばっている子らの姿を
多くの人が目を止めてくださいますよう
1回↓クリックをお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
この記事のURL | ほのかと昴 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
・・見えますか?
2013/10/13(Sun)
過去の地方紙ですが、こんな記事を見つけました。



=転載ここから=

福山市動物愛護センター:「不要な命」は一つもない 
マスコット犬「ゆき」無言の訴え 
/広島
毎日新聞 2013年09月14日 地方版


 福山市動物愛護センター(同市駅家町)で、
人間にとって「不要」として持ち込まれた白い雑種犬「ゆき」(メス)が、
人間に命の大切さを伝えるマスコット犬として訓練を受けている。
まだ生後5カ月と若く人見知りするが、21日に開かれる「動物愛護のつどい」では来所者を元気に迎える予定だ。【菅沼舞】

 ◇飼ったら最期まで面倒を
 ゆきは生後40日ぐらいの時に兄弟犬4匹とともにセンターに持ち込まれた。
ゆきの母親は飼い犬だったが、避妊手術を受けていなかったため、放浪犬と交尾してゆきたちが生まれたという。センターは、ゆきの母親に避妊手術を受けさせることを条件に引き取った。

 他の兄弟犬はすぐにもらい手が見つかったが、ゆきは体が小さく、センターがひきとって飼育することになった。
センターでは2年前まで「テン」という名の雑種犬を飼っていた。
放浪していたのを持ち込まれたが、人なつこさと優しい性質で、センターが定期的に開く「犬のしつけ教室」で、職員とともにしつけの様子を披露する「デモンストレーション犬」として活躍。
来所者とも触れ合い、小さな命の輝きや尊さを伝えた。
テンの死後、マスコット犬の座は空席だったが、ゆきの可愛らしい性格にセンターは2代目に任命。
世話は所長の古賀聖得さんが担当し、週末は自宅に連れ帰り「お座り」や「伏せ」の基本動作を覚えさせた。

 今月20日からの動物愛護週間に合わせ、21日にはセンターで犬猫の譲渡講習会やしつけ相談などのイベントが開かれ、ゆきも参加する。
県内動物愛護施設での昨年の犬猫の殺処分数は全国ワースト1。
福山市の施設にも、「病気になったから」「引っ越しで飼えなくなった」など身勝手な理由で動物を持ち込む人は後を絶たない。
古賀さんは「一度飼ったなら、最期まできちんと面倒を見て」と呼びかける。
ゆきは、自分と同じように、捨てられ、今は温かい手が差し伸べられるのを待つ仲間たちのために、力いっぱい伝えるつもりだ。

「処分していい命なんて一つもない」と。


=転載ここまで=





☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆  ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆






わが家の預かり犬「昴〈ぼう〉」無言の訴え

昴10.13-3

・・見えますか?  命の輝きが・・。


昴10.13-11






小さな身体のきな命・・

尊い命・・




お願いです、、捨てないでください!
 
昴10.13-14


『  ボクも行き場のない保護犬。

ここで,優しい家族のお迎えを待ってるの・・ 』 昴〈生後7ヶ月〉








子犬の昴(ぼう)は、、

あったかなおうちとやさしい家族を待っている犬親募集犬です。

お問い合わせ&犬親希望者様は⇒ ちばわん へ






昴(ぼう)ちゃんが沢山の人の目に留まりますように
ポチっと1回クリックをお願いします


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村



 
この記事のURL | ほのかと昴 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ここで待ってたん
2013/10/11(Fri)
おとといのこと。

こどもたち(老若男女)を

4時間ほど留守番させて帰宅。




ほのかは例によって自分の生き方を貫き、(笑

ケージの中のハウスにいました。





さてぼうちゃんは・・



ぼう10.9-1








ぼうちゃんという子は、

頭のいい子で呑みこみが速くて、教えたことはすぐに覚えます。


排泄や、オスワリ、マテは、速攻で覚えました。

ゴハンの時など、嬉し過ぎてバタバタしますが、

オスワリの号令で、芸術的なフセで待てます。


はは~んの帰宅時もすぐに順応し、喜んでくれるようになりました。

ワン!わん!ワン!・・・と歓声が起こるようになったのも早かったですよ。






そんなぼうちゃんが、おとといは、


私が帰宅し玄関に入っても歓声をあげませんでした。


いつもと少し空気が違うな~と感じました。







いつもなら、もういいよってくらい吠えてくれるのに・・

ぼうちゃんの尻尾なんて 御陣乗太鼓のように鳴り響くのに・・・





なんか静かだわ・・と思いながら中二階の階段を上がって行くと

真っ先に目に飛び込んで来たのが、↑このゲートがオープンしていてね。



え?  あれ?・・



ここにいたの・・ぼうちゃん・・!!





ぼうちゃんは、開いたゲートからチョコット出た処にいました~笑

なんか・・愛想笑いして・・








このゲートは、

人間の赤ちゃん用で、

赤ん坊を抱くなどして両手がふさがっている時でも、

足元のペダル(薄茶色の部分)を足で踏んで開閉できる利便性の高いゲートです。








これを、ぼうちゃんは

いつものように最前線で私を待っているうちに、

なんかのはずみでペダルを踏んだのでしょう。前肢を置いたとか・・笑


そして次にエリカラが押しの一手となり、オープン ザ ゲート!!

″出入りご自由にど~ぞ!″の状況になったと思われます。


ぼうちゃんは、おそるおそるゲートを出てみたでしょう。



出てみたはいいけど、

下に行く勇気もなし

3階に上がる勇気もなし、

「ちょっこしここらで・・」と、

ぼうちゃんは
ゲートから1-2歩出た床の上で動かずに待っていたのです。





ぼうちゃんが待っていた床は、、

ほっかほかにあったか~~~くなっていました。





私が帰宅しても一声も発せず、

シ―ンとして、尻尾だけをくゆらせていたのは、


ぼうちゃんの罪悪感だったんだなぁ~と思いました。








「お~~~!!ぼうちゃん、ここにいたのか~~~!!」


と私が驚いてみせ、

「いいこだったね~~イタズラしなかったんだね~~」と

裏声でほめてやると、

ぼうちゃんは照れたように斜め歩きのまま、私に着いてワン部屋に戻りました。





ぼう10.9-2
ワン部屋のゲート。。。健全な状態で、閉じてます~笑








イイ子すぎて笑っちゃった瞬間でした~! 笑








昴(ぼう)ちゃんに、ポチっと↓1回クリックおねがいします

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

この記事のURL | ほのかと昴 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ほのか、ほんの少し
2013/10/09(Wed)
ほのか10.9-1






ほのか10.9-3




朝食ですよ~!

・・と、ほのかの前にゴハン(ドライフードに缶詰乗せ)・ミルクお水
を並べます。

ほのか10.9-ⅳ

ぼうちゃんはもうとっくに食べ終わりました! ガッつくので~笑

ほのかは、すぐには食べません。ぜんぜんガツガツしません。

しずか~に置いといて、食後みんながまったりして落ち着いた頃
安心して召し上がるんだと思います。

食べてもいい頃合いがちゃんと把握できているんだなぁと思いました。



メイドは、ほのかが召し上がっているところをカメラにおさめたくて
何度もそっと行くのですが、そのどれも失敗に終わってます。

ほのかは、メイドが来ない頃合いもわかるんでしょうね~



ほのか10.9-5








ほのか10.9-10





行ったり来たりして

成果を治められないられない、おっちょこちょいなメイドに比べ、


その点 ほのかは、冷静沈着・・・  ↓このとおり!


     お見事! 空っぽ!

 ごちそうさま~
ほのか10.9-12

完食しました~♪






ほのかは生きてます。

静かに考えてます。


がんばってます!







この子も家族探しを開始しようとしています
どうぞたくさんの人の目に留まりますよう、
1クリック↓よろしくおねがいいたします

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
この記事のURL | ほのかと昴 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
昴〈ぼう〉ちゃん、がんばったよ
2013/10/08(Tue)

本日、昴〈ぼう〉ちゃんの


去勢手術を無事に終えることが出来ました。





ぼう手術 行きの車で
≪病院に向かう車の中でねんねする、ぼうちゃん≫

行きの車の中も、病院の診察台の上でも
緊張からヨダレを垂らしていました。

でも、どの場面でもヒンとも鳴かず
けな気に頑張っていた 昴〈ぼう〉ちゃんでした。
ぼうちゃん診察台








昴(ぼう)ちゃんは、
ひとりぼっちで眠りの世界へいって、
ひとりぽっちでで目を覚まして帰って来ました。




私は病院の外のベンチで、手術が終わるまで一人で待っていました。
「終わりました~」と先生が呼びに来てくださり、中に入ると
お目目が覚めて横になっている色白の、ぼうちゃんがいました。


立派で、雄雄しく見えたよ!









昴去勢手術1


はは~んとフタリで帰る道は、
静かにお目目を開けたり、閉じたりして・・
はは~んの唄〈演歌〉を子守唄にしていました。

昴去勢手術2


演歌でえぇんか? 
迷惑だったかな~? あはん


昴去勢手術3

ぼうちゃん、おつかれさま~

がんばったね~



あとは幸せになるだけだ~!







がんばった子犬の昴(ぼう)ちゃんに、
おりこうさん、のクリックを
↓ポチっとおねがいします

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村


この記事のURL | ほのかと昴 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。